社長挨拶



奈 須 勝 彦  (1954年 7月 10生)



今、子供たちの教育について私たちが本気で
考えていかなければ、日本人が大切にしてきた
人を思いやる気持ちや、礼節、身心の強さが
失われていきそうな気がしています。
その教育の基本部分を育む場所が、
家族と一緒に過ごす場所「 家 」ではないでしょうか?
その大切な「 家 」を建てる者として、
様々な提案していきたいと思っております。





戻る